Mapping the world's opinions

argument top image

リーダーという仕事は、オンラインで完結できるだろうか? Can the role of leader be completed online? Show more Show less

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(DHBR)2020年7月号(以下、今月号)の特集は『リーダーという仕事』。コミュニケーションのあり方が変わろうとしている現状において、自分の関心は「リーダーという仕事は、オンラインで完結できるだろうか」にある。今月号を読みながら、この問いを考えてみたい。(ブログ:https://wp.me/p1ggRB-NO を参照)

信頼を勝ち取る必要がある Show more Show less

リーダーという仕事をオンラインで完結させるには、オンラインで信頼を勝ち取る必要がある。今月号の『リーダーの信頼を支える3つの力』では、リーダーシップを発揮する以前にあなた自身が信頼されなくてはならないと説く。本稿では「オーセンティシティ」「ロジック」そして「共感」の3つに要素を分類して説明している。
(1 of 3 Positions) Next >

「オーセンティシティ」をオンラインで理解してもらう必要がある

以前に直接会って仕事をしたことがある人同士であれば、直接会って何度か話した時の印象などでその人の「オーセンティシティ」はある程度理解出来るように思う。初めから直接会ったことのない状態で、どうやってオーセンティシティを理解してもらうか。考えているうちに、マクルーハンのメディア論を思い出した。マクルーハンによると「ホットな」メディアは視聴者が情報を鵜呑みにしがちとのこと。オンラインにおいては個々もメディアを媒体として理解するのだから、リーダーは自分のプロファイルを「ホット」にして、フォロワーにある意味「鵜呑み」にしてもらう必要があるのかも知れない。
(1 of 3 Arguments) Next >

Context

The Argument

SNS上で自分のある側面を強調して情報発信する行為を「自己呈示」と呼ぶが、複数のSNSで異なる自己呈示を行なっていて、それらの複数のSNSで情報が交差して自己呈示の文脈の辻褄が合わなくなることを「文脈の崩壊」と呼ぶらしい。文脈の崩壊は信頼におけるオーセンティシティを毀損させるので注意が必要。オンラインならではの注意点と言えよう。

Counter arguments

Framing

Premises

Rejecting the premises

Proponents

Further Reading

References

    Explore related arguments

    This page was last edited on Sunday, 21 Jun 2020 at 12:50 UTC